デイトレーダーに憧れてFXをはじめてみました

私はフリーターでフル勤務でアルバイトをしています。
割と早くに仕事も終わるためアフター6の時間を有効活用出来ないかと思いFXを始めることにしました。
FXといえば、副業でも割と人気ですが稼げる人と損をする人に二極化するよう副業だと思っていました。

とりあえず、FXがどんなものかやどうやったらローリスクで始められるかを調べました。
調べるうちにデイトレーダーという言葉を知りましたが私は本業もありずっとチャートに張り付くのは正直難しいです。
ただ、よっぽどの事が無い限りは残業もありませんのでまずは帰って食事や入浴が終わりゆっくり出来る21~24時のチャートをみるようにしました。

短時間で薄利な取引をすることをスキャルピングというらしいです。
私は極力リスクを下げてお小遣い程度を稼ぎたかっただけなのでスキャルピング手法を学ぶことにしました。
また、取引を開始するためにネットから取引口座の開設をしましたがそこまで難しくなく開設することが出来ました。
まだまたまスキャルピング手法を勉強しながら少額取引をしてますが割と利益が出るようになりました。
FX初心者にはわかりやふくリスクの少ない手法だと思います。

また自分は分析力に欠けるなと感じている方。
簡単なチャートツールを使いこなせば自身のない方もチャレンジできます。

チャートツールを上手に使いこなして勝利を得よう!
チャートツールを利用するのは自分の売買タイミングを計ったり、相場観を養うためにあります。
出典:FXチャート分析ガイド

チャートツールも業者によって様々なので自分にあうような物を探してみましょう。

始めた当時は仕事が忙しく取引をする頻度も週に数回程度でしたが、転職して時間の余裕が出来てきたので本格的に勉強を始めました。
平日の通勤時間帯はFX業者のホームページでニュース解説を読んだりFXをやっている人のブログを参考にしています。
FXが一般的に広く普及してきたのでブログを書く人も多く、取引の記録等も載せながら読者にアドバイスを送ってくれるのでとても勉強になっています。
同じ個人の取引者としての過去の失敗や成功談を書いてくれているブログが私にとってはとても親しみやすく好感を持っています。

FXの業者は土日休みの場合が多いです。
私が利用している業者も土日は仕事が休みなので本屋か図書館にいって様々な取引手法について勉強しています。
最近は自分の手法の中にスキャルピングという手法を自分の取引にも導入しました。
この手法は短時間で取引を完結するものでリスクを軽減できるので個人的にとても気に入っています。
今後も勉強を続けてもっと利益を出していこうと張り切っています。

これからFXを始めたいなと考えている方に少しでも参考になればと思います。
FXは比較的に始めやすい投資だと思いますが、必勝法は存在しないので要注意です!自分で情報を集めるしかありません。
必ずリスクがあることは忘れずに取引をしましょう。

マイナス金利は投資に影響するの?

今年に入り日本銀行が史上初めてマイナス金利の導入を決定しました。
導入決定を前に日本の株式市場は下落が大きく進んでいたので、日銀がどのような金融政策を打ち出すかが注目されていただけにこのマイナス金利政策は投資家にとってインパクトとの大きいものでした。
今までは銀行が日本銀行に預金しておけばその預金に対して利息をもらうことができていましたが、マイナス金利政策が導入されたので今後は反対に利息を日本銀行に支払わなければなりません。

銀行にとっては今までの利息収益がなくなるだけでなく、支払いが増えるので業績に影響が出ると予想されて関連銘柄は下落しました。
このように投資においては中央銀行の金融政策が大きく影響することがあるので、政策や指標の発表等の情報を得ながら投資を実践していく必要があります。
これは日本だけでなく海外の中央銀行の金融政策の発表でも金利や債券価格が変動する要因になるので、同じようにチェックしておく必要があります。

バイナリーオプションが普及してきましたね

近年、バイナリーオプションの知名度が向上し、実際に取引する人が増加してきました。
知名度の向上にはいくつか要因が挙げられますが、まず同じ通貨取引でもあるFXの規制が影響しています。

FXは通貨安、通貨高を予想して利益を得る取引で、以前は自己資金の数百倍までのレバレッジを利かせて取引することが可能でした。
ただ、国内FX業界では近年このレバレッジのギャンブル性が問題となり規制が働いて低レバレッジ性へと移行してきました。

チャートを見ながらの取引となるので投資初心者には難しいという理由もあり、取引が簡単なバイナリーオプションを始める人が増加してきたという背景があります。
バイナリーオプションは一定時間の通貨の上昇下落を予想するだけで取引が完結し、損失の額が限定されるので初心者向きの取引として人気が高まりました。
これがいわゆるハイ・ロー取引と言われるものでクリックのみの操作で取引ができるという点も人気の秘訣となっています。
投資の専門家でもない人でも親しみを持てるバイナリーオプションは今後も人気が高まっていくと予想されています。

スプレッドの低下が始まっている

昔は相当広いスプレッドを採用しているところも多くあったので、当然のように手数料の高さに悩まされることとなりました。
現在は多くの会社が狭くすることを考えており、それによってユーザーの方が利用しやすいようにしています。
スプレッドが狭くなり始めたことは、ユーザーにとってはメリットが大きいのです。

広くしていたものが狭くなった大きな要因として、狭い会社が次々と台頭するようになったことです。
元々広くしていた会社も、どんどん狭い会社に負けるようになってしまい、使い勝手という部分で苦労していることが多くありました。
そうしたことを避けるために、スプレッドを狭くしたり、何らかの形でキャンペーンを出していることで、より狭くできる方法を模索しているのです。
スプレッドについては、これ以上狭くなることはありませんが、より使いやすいキャンペーンなどによって、一時的に更なる狭さが生まれてくることはあります。

投資とはなんでしょうか。考えてみました。

投資とは利益を得る為にお金を運用する事で、お金を回す事によってお金を稼ぎ運用することです。
極端な話、あなたが働いてる会社は給料を払うことで従業員に働いてもらい、その給料以上のお金を稼ぐ事により利益を出す事で会社の運営が成り立っているはずです。
このように単純に考えると会社はお金を運用するシステムだとも言えます。
では、私達ができる投資にはどんなものがあるでしょうか。

手軽に始められるところでいえば、やはりFXでしょう。FXはある程度の知識を持っていれば、主婦の方でも始められます。
(手軽に始められるからこそ気をつけたい)次に、株式投資ですが、株式投資はある程度、金銭的に余裕がないとFXとは違って少額からの投資は難しいようですし、かなりリスクが大きい投資と言えるでしょう。
よく、お客さん集めで4000円からFXができるとか、株なら1万円から始めるなどの歌い文句がありますが、どちらにしてもリスクはあるものだと覚悟して始めた方がいいと思います。

お金に余裕があるならアパート経営などもあります。
実際に、2020年の東京オリンピックを見据えて、空いてる部屋を外個人等に民宿として提供している大家さんも増えているようです。
どちらにしても、投資にはリスクがつきものです。
そこをよく考えて始めた方がいいと思います。(個人的経験談より。)