月別アーカイブ: 2016年1月

マイナス金利は投資に影響するの?

今年に入り日本銀行が史上初めてマイナス金利の導入を決定しました。
導入決定を前に日本の株式市場は下落が大きく進んでいたので、日銀がどのような金融政策を打ち出すかが注目されていただけにこのマイナス金利政策は投資家にとってインパクトとの大きいものでした。
今までは銀行が日本銀行に預金しておけばその預金に対して利息をもらうことができていましたが、マイナス金利政策が導入されたので今後は反対に利息を日本銀行に支払わなければなりません。

銀行にとっては今までの利息収益がなくなるだけでなく、支払いが増えるので業績に影響が出ると予想されて関連銘柄は下落しました。
このように投資においては中央銀行の金融政策が大きく影響することがあるので、政策や指標の発表等の情報を得ながら投資を実践していく必要があります。
これは日本だけでなく海外の中央銀行の金融政策の発表でも金利や債券価格が変動する要因になるので、同じようにチェックしておく必要があります。