プログラマーが活躍するには、しっかりとした需要がある現場で働くことが必要です。
プログラマーとして高いスキルを持っている人は晩年まで活躍できるのは事実ですが、レベルが一定の水準以上に達していないプログラマーは路頭に迷っていることもあるので注意が必要です。一定以上の技術水準に達していなければ、現場で活躍するのが困難であるためです。

現実的にはプログラマーの需要が高いのはIT業界内で、他業界ではあまり活用されていません。高いレベルの技術を持っているプログラマーも、他業界で高い評価を受けることはあまりないのが現状です。
IT業界内でも特にそこまでの技術は必要ないと言われてしまうこともあるのが実態で、需要が高いのは新規システムの開発現場です。
新規システムを開発する場合、高度なスキルを兼ね備えていることが必須です。需要に合ったスキルがあり、経験や実績もあるプログラマーは重宝されるでしょう。

それ以外の現場では需要がないのかというと、完全にゼロというわけではありません。
ただ、ほとんどの現場では、新規システム開発で求められるような高いスキルは必要ではありません。プログラミングに関しては初歩的なスキルで済むため、プログラマーとしての腕の見せ所はあまりないでしょう。
初心者が少し勉強しただけでできるようになる業務は多いものの、プログラマーとして経験を積んできた人にとってはつまらない仕事になるかもしれません。そのため、プログラマーとして今後も活躍したいのなら、スキルアップを目指して経験を積み、新規システム開発の現場を狙いましょう。